脂肪 燃焼 筋 トレ 有 酸素 運動

脂肪燃焼のメカニズムを運動や時間で解明委員会

脂肪燃焼のための筋トレと有酸素運動はこれだ!

脂肪燃焼のための筋トレですが、筋トレ自体で脂肪燃焼をさせるというよりも、筋トレで筋肉を増やして、増えて筋肉の日常生活での脂肪燃焼量を向上させる。つまり、基礎代謝を上げて行く事を狙いとして行っていきましょう。

 

また、筋トレでの注意すべき点は瞬発的な筋トレは各部位を太くし、持久的筋トレは各部位は遅くしっかりとしたつくりになるというところです。
例えば、腕立て伏せ一つをとっても、瞬発的になるべく早く腕立て伏せを繰り返すのと、なるべくゆっくり深呼吸をするのとでは筋肉の質が変わってきます。
これは、筋肉の種類に速筋と遅筋がありる関係で、速筋は瞬発的で高い力を発揮するが持続力がない筋肉で、遅筋は持久力はあるが瞬発的な爆発的パワーはそこまで高くはないという特徴があります。

 

体つきでいうと、陸上の短距離選手と長距離選手の違いの様になります。
この為、短距離選手の様なたくましい体つきを求めるならば、速筋を、線がある程度細い体をつくるなら遅筋を鍛える事が良いでしょう。

 

まずはどういった筋肉の質を作るかによって、トレーニング方法が変わってくるので、理想をイメージしておくと良いでしょう。

 

この筋トレに合わせて有酸素運動を組み合わせていく事で、さらに体は活性化して脂肪燃焼を促進できる様になっていきます。
これらをまとめて、考えられれば自分に適したダイエット方法を見つける事もできるでしょう。