脂肪燃焼のメカニズムを運動や時間で解明委員会

脂肪燃焼のメカニズムを運動や時間で解明委員会

yaseru

 

ダイエットに関する脂肪燃焼のメカニズムを運動やその方法、時間を通してどのようになっていくかを説明していきます。

 

脂肪燃焼のメカニズムを運動や時間で解明委員会

 

ダイエットっを実践するのに必ず考えてしまう事といえば、脂肪燃焼について。
この脂肪燃焼はいつ、どうやって、そのように、どのくらいで燃焼されていくのかを考えてしまう事が多くあります。

 

このサイトでは、この脂肪燃焼にテーマを絞って説明していきます。

 

 

脂肪燃焼はどうやって行う?
脂肪燃焼については皆さんもご承知でしょうが、念のため、一から説明をしていきますね。
脂肪燃焼をするというのは、食事などによる摂取エネルギーと運動などによる消費エネルギーの差で消費エネルギーの割合が大きければ大きいほど脂肪燃焼が促進されるとされています。
これは、基礎代謝も含めて考えていますが、単純に食べたエネルギーよりも通常の生活や運動をした時の消費エネルギーを大きくすれば良いと言う事が単純な説明になります。
この割合を各々の背地活や体質に合わせて行っていくため、人によっては、食事量を減らしたり、口にする食材は選んで食べるなどの食事制限や、今まで以上のトレーニングをするなどの摂取と消費エネルギーのバランスを考えて行われていきます。

 

この時に注意したいのは、過度なダイエットにならないように、健康的に行う事です。
過度なダイエットは、健康をそこなったり、けがをしてしまう場合も考えられます。
こうした事も考えてダイエットを実践していくことになります。

 

 

まずは食事のコントロールから
脂肪燃焼を行う場合、初歩的にまずは、食事内容をどうしていくか?という事になります。
このとき、食事内容の考え方は、糖質=脂肪をつくる・タンパク質=筋肉を作るという事を基本にして、そのほかに野菜や海藻類などをバランス良く摂る様にしていきます。
まず、糖質ですが、糖質=脂肪を作るとはどういう事なのか?から説明していきます。
糖質は、炭水化物に多く含まれており、この炭水化物は米・パン・麺類などが主に知られている食品です。

 

例えば、日本人が大好きなお米ですが、これを口にすると、糖質が体内に入り分解しようとする作用から血糖値が急激に上昇していきます。
更に、この血糖値の上昇を抑えるために、インスリンが分泌され、糖質を分解し、ブドウ糖にして体内を巡らせて、体のエネルギーとしていきます。

 

脂肪が増える原理は、この先が問題で、エネルギーとして体内に運ばれるまでは良いのですが、ここから使われない余ったエネルギーが出てきます。
その余ったエネルギーは行き場をなくし、脂肪としてお腹まわりに溜まって行ってしまうのです。これが、肥満の原理ですね。
もちろん、たまった分だけ動けば減るのですが、動かないと次から次へと脂肪は溜まって行ってしまいます。
そうした原理を逆手に取ると、脂肪燃焼をさせたければ、糖質を抑えた食事をすれば良いという事になってきます。

 

その為、脂肪燃焼をさせるには、まずは食生活の見直しとして食事内容をどうしていくか?という事になりますね。

 

では、具体的に食事内容をどうしていくか?という事ですが、まずは糖質お抑える事を意識していきましょう。

 

糖質を抑える目安としては、お米なら一日100g、パンは1枚、麺類なら80gくらいが適量です。
これ以上の摂取は消費しきれなくなる可能性があるので注意が必要です。
次に、そのほかの食材についてですが、脂肪燃焼を促すには基礎代謝の向上が必要です。
基礎代謝とは、日常的に何もしていない状態でもエネルギーを自然に消費していく事を言い、この基礎代謝は体についている筋肉の量が多ければ多いほど代謝量も多く脂肪燃焼しやすい体となっていきます。

 

その為、基礎代謝を向上させるのに、筋肉量を増量させたいのですが、この筋肉量は筋トレをただやれば増えるというわけではなく、タンパク質を摂取する昼用があります。

 

タンパク質は、筋肉を作る素材で、肉類や魚、大豆に多く含まれています。
その為、脂肪燃焼を促す為にはこのタンパク質を意識的に多く摂取していく必要があるのです。
ここまでの内容から、食事のバランスは、糖質は抑えて、タンパク質は多めに摂るという事になります。

 

また、ダイエットを行う上で健康面にも注意が必要となるのと、食事の順番にも脂肪燃焼のヒントが隠れています。
まずは、そのほかの食材として、代謝向上の為にビタミンやミネラルなどを含む野菜を多く摂る様にしましょう。
特にビタミンは体内で生成できないので、野菜から摂取して疲労回復などに役立てる必要があります。

 

こうした食事バランスを築いていくと共に、健康的なダイエットも促進させていきましょう。
また、健康面で言うとこちらのリバウンドしないためには、このダイエット方法が必要!!もバランス良くダイエットができるのでおすすめです。

 

脂肪燃焼をさせていく運動
脂肪燃焼をさせる運動については、有酸素運動が特に有効的と言われており、長時間にわたる継続的な運動が可能である事からで、特に運動開始後30分ほどしてからは、脂肪燃焼率が上がる事が知られています。
運動に不慣れなかたは、まずウォーキングから始めて、ジョギングへと移行したり、プールでの歩行や、水泳なども有効的です。

 

こうした有酸素運動と食事制限を合わせる事で、体重の変化というのは、早い人1週間ほどで変わってきます。

 

 

まとめ
脂肪燃焼をしていくには、食事制限と運動によって脂肪燃焼の時間が短縮でき、早い人1週間ほどで痩せ始めるという事です。